小さな恋の行方
(園の担任の先生から聞いた話しより)

Lくんはクラスの女の子の中で一番のモテ男くんです。
なので、後ろにはクラスの女の子の列ができます。
でも、Lくんが追いかけているのは、sakiです。
sakiはというとMくんを追いかけています。
でも、MくんはKちゃんを追いかけます。

おやつの時間になりました。
座る場所は決まっていないので、それぞれ好きな場所に座ります。
「○○ちゃん、一緒にすわろ」
「ここはぼくの場所だよ」
「今日のおやつはなにかなぁ」
色んな会話が聞こえてきます。

sakiもお友達と手を繋いで座ります。
そして、Lくんもちょこんとsakiの横に座ります。
Lくんはいつもsakiの横の席を狙っているのです。

「いたーだきます」

Lくん 「sakiちゃん、sakiちゃんは誰が好き?」
saki  「Mくん」
Lくん 「ボクはいつもsakiちゃんに優しくしてあげてるのに、
     どうしてボクの事好きになってくれないの?」
saki  「Lくんは2番目に好きだよ」

子供はいいですね。
好きなものは好き。嫌いなものは嫌い。

他にも自分を好きだと言ってくれる女の子が沢山いても、見向きもしない。
そんなLくんみたいな子とくっつくのがいいのにねぇ~

   Lくん、がんばれ!!
[PR]
by ohana_0510 | 2005-01-18 08:59 | saki
<< 仕事の事2 おにぎり >>